「記憶のエスキース」

ごう サイン 画像_edited_edited_edited.png

アーティスト​

きはらごう  (KIHARA GO)

​プロフィール

□ 世界的に活躍

□ メディアの評価が高い

□ メディアにて掲載

​□ 美術館にて展示

​アーティスト紹介

「生きていることは死が常に付きまとっているということを忘れないで生きなさい。その瞬間を生きているという実感をもって、その時のその状況を楽しみなさい。」ということを伝えるために骸骨の静物画を西洋古典絵画では描いているのではないかと思っている。いつ死ぬか分からない不安を抱えて誰かや何かに頼るより、自分自身で、その瞬間を前向きに生きて楽しむ方がいいのだと。生きている以上、死は、誰しも免れないこととして、条件は皆平等であるわけで、その瞬間をしっかり生きてより人生を楽しんでいた方がいいということを意味しているのだと思っている。「いつでも、どんな時も、なにをしていても、死後の世界を考えて不安になるより、死は常に隣にあるものなので、死をいつでも感じることで、今という時間は二度となく、その時々を精一杯に、楽しむようにして生きることがより素晴らしい人生を歩めるのだ。」と教えてくれていると思っている。きはら ごう

ART WORKS

​作品掲載準備中。※お問合せください。